バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

一度切れると胸が垂れ続ける悪夢が訪れる!恐怖のクーパー靭帯

綺麗なバストを作るために実は、守らなければいけない場所が体の中に存在する事はご存知でしょうか?

この場所を守れなかった場合…
バストアップどころではなくなってしまいます!

そうなる前にも今回は、この大切なバストを守るための場所についてご紹介致します♪

●守らなければいけないクーパー靭帯!
バストの丁度上の箇所にあるクーパー靭帯という部分。

このクーパー靭帯とは、バストの形を保ってくれている大切な存在です。バストを引っ張り持ち上げる短いゴムのようなものをイメージして頂ければクーパー靭帯の形は想像がつくかと思います。

ちなみにこのクーパー靭帯…
切れると再生する事ができない部分なので絶対に守ってあげる事が大切になる場所にもなります。

クーパー靭帯が切れてしまった場合、バストが大きな方は下に垂れてとても悲惨な垂れ乳になってしまいます。またバストが小さな方は、更に小さくなってしまい、取り返しのつかない事になってしまいます。

そうならないためにも…

●痛いくらいに強いマッサージをしない!

力任せに行う間違ったバストアップマッサージ。これは、クーパー靭帯が切れる原因になりますので絶対に避けましょう。そして強く揺らしたり、押しつぶすようなマッサージも絶対に禁止です。刺激に弱い箇所なので優しく触るようにしてください。

●ナイトブラでバストの流れを回避!

仰向けで寝る場合は、色々な場所にバストが流れてしまうのでクーパー靭帯が切れてしまう原因になります。ナイトブラなどをして、きちんとバスト位置を固定させて寝る事をおすすめします。

●運動を行うときは絶対にスポーツブラ!

ジョギングを行うと平均でなんと9cmもバストが揺れるのです。では、激しい運動を行った場合、バストはどのくらい揺れるのでしょう…。考えただけでもクーパー靭帯に負担を掛けてしまう気がします!このような事を避けるためにも運動を行う際は、絶対にスポーツブラを着用しましょう。

クーパー靭帯を意識して生活をするだけでもバストの垂れやバストが小さくなる事を避けることができます!常にクーパー靭帯を意識し、生活を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事