バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法・口コミおすすめサプリ

アメリカ人のバストが大きい理由は食事の内容と教育方針

アメリカン人は、子供の頃から大人びたビジュアルを持つ女性が多いイメージはありませんか?

14歳~18歳くらいの子供をアメリカ人と日本人とで比較した際も日本人の場合は体型もまだあどけなさが残り幼いイメージが強くバストも膨らみだしては、いるが大半の子がそこまで成長していない印象がありますが、アメリカン人の場合は、体型はかなり大人顔負けになり、バストもとてもグラマラスで豊かになっている子が多い印象です。

この違いは、やはり遺伝子の違いも大きく関係していますがそれ以外にも実は”食事の内容”や”教育方針”の違いも関係しているのです。

アメリカ人は、多くの家庭が幼少期から牛乳や肉などの食材を中心とした食事を食卓に並べる傾向があります。

肉類中心の食事は、良質のタンパク質を積極的に摂れる事もありバストの成長にはかなり有効的とされています。

また日本人の場合は、あまりバストに有効な食材を使用した食事を幼少期の頃から食卓に並べない傾向があるとされています。このような食材や食事の内容が理由でアメリカ人のバストの成長は早いとも言われています。

またアメリカ人は日本人と違い「子供のバストが大きくならない事」を理由に病院に足を運びます。

そして幼少時代から成長ホルモンを入れさせるためにサプリメントで栄養補助を行ったりします。

このような教育方針や子供の成長過程を見守る経緯が違うためアメリカ人と日本人のバストの成長するスピードは違うとも言われています。

アメリカン人は、幼少期に同性同士でバストの大きさを比較したり、自分のバストの大きさに敏感になるとも言われています。

このように”周りがバストに対して考えているから自分も考える”という感じにバストやバストアップに対しての意識も違うようです。

日本人では少々考えにくい面も多いですが、アメリカ人のバストに対してのこのような考えは前向きに取り入れたい部分でもあります。

幼少期を過ぎた後でもバストに対しての意識を高めるためにアメリカ人的な生活を送ってみる事はいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事