バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

珈琲・紅茶のカフェインはバストアップには不向き

毎朝モーニングを摂る際に欠かす事ができないコーヒー、そしてほっと一息つきたい時に癒しのティータイムとして飲みたい紅茶、また体力的に元気がない時や頑張りたい時に飲みたいエナジードリンク。

このような飲み物には『カフェイン』と呼ばれる成分が含まれています。このような飲み物は飲むたびに癒しの時間や気合を入れ直す時間を提供してくれますが実はバストアップには非常に悪影響なのです。

その理由として、カフェインは脂肪代謝である酵素リパーゼを活性化させてくれる効果があります。

そのためダイエットの際は非常にカフェインを摂取する事は良いですがバストアップの際は、その逆でバストにある脂肪までもを代謝とし消費されてしまい、結果的にバストのボリュームをダウンさせてしまう可能性があるのです。

そしてカフェインは女性ホルモンの分泌を昂進させてしまう作用もあります。そのため本当にバストアップを考えている場合は、よくない事ばかりなのです。

またカフェインは体質により低体温(冷え)や頭痛、胃痛などの症状を出してしまう可能性もあります。カフェインを過剰摂取する事によりカフェイン中毒になってしまう事もあります。

できるかぎりバストアップを目指すのであればカフェインを含む飲み物を摂取する事を避けるようにしましょう。

コーヒー、紅茶、カフェオレ、エナジードリンクなど以外にもお茶類にもカフェインは豊富に含まれています。できる限り避けるようにしましょう。

またどうしてもカフェインを摂取したくなってしまった場合、カフェインオフのお茶類などを飲むようにしてみましょう。

できる限りオレンジジュースなどのフルーツジュースなどで代用できる事が一番ですが最初からカフェインを抜く生活をする事が難しい場合は、できる限り一日に摂取するカフェインの量を減らし、そして最終的にカフェインを摂取する量をゼロにできるようにしていきましょう。

カフェインはダイエットをする際は、良いですがバストアップをする際には少々厄介なものになります。

その事を必ず忘れないようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事