バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

バストアップと体温の関係 基礎代謝量が重要

自分の体調や生理周期の管理を目的として体温を計測し、近年スマートフォンなどが普及したこともありアプリケーションなどで簡単に記録がとれる事から記録している女性は多いかと思います。

この体温(基礎体温)は、実はバストアップにはもちろんダイエットにも深い関係を持っている事はご存知でしょうか?

基礎体温の平均は、通常36.5度といわれています。この基礎体温が36.5度以下の場合バストアップやダイエットが難しく健康状態も悪くなる可能性があるのです。

女性は特に年齢を重ねる事に体温が低くなり、基礎体温が低体温になるといわれています。そして低体温が続く事により婦人病や女性特有の不調などが目立ってしまうともいわれています。

また”基礎体温が低い低体温の方は、基礎代謝量も低くなってしまう”といわれています。

この事からもわかる通り、基礎代謝量が低い場合は、太りやすくなる可能性が増えバストアップは難しい状態になる可能性があります。

そして基礎体温が低い場合、生命を維持するために必要な熱量も足らなくなる事から病気が増え健康状態が乱れるともいわれているのです。

さらに基礎体温が1度落ちてしまう事で基礎代謝は、13%近く落ちてしまうといわれています。これは、代謝がよくなる入浴後にバストアップマッサージを行っても、あまり効果がみられなくなるという事にも繋がります。

また人間のカラダは酵素が化学反応を起こす事により熱を作りケガの治療を行ったり、カラダを動かしたりするといわれています。

この酵素は、タンパク質が主成分となっています。そのため酵素を活性化するには体温を最も酵素が活性化するために必要とされている37度まであげる必要があります。

37度まで基礎体温があがった場合、バストアップの元となっている卵巣の酵素が活性化し、バストアップがしやすいカラダに自然となる事ができます。

バストアップを目指す場合は、基礎体温の平均が37度前後になる事をまずは目指しましょう。

バストアップを目指し、そして健康な肉体や痩せたい場合などは必ず基礎体温と基礎代謝をあげるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事