バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

プチ豊胸手術の危険性 サプリの方が安全で確実

手軽に素早く、そしてシリコン挿入や脂肪注入などといった豊胸手術よりも気軽に低コストで施術を受ける事が可能とされている、プチ豊胸手術の一種であるヒアルロン酸注入。

ヒアルロン酸をバストに注入し、一時的にバストが大きくなるという方法です。

この方法は、どこの美容クリニックなどでも値段も数万円~30万前後で施術を受ける事ができるため豊胸手術よりも低コストに、また日帰りでダウンタイムもないため気軽にバレずにできる事が良いとされ幅広い年代の方に人気を集めています。

しかしこのプチ豊胸手術であるヒアルロン酸注入も実は危険性とリスクがあります。

その危険性とリスクのひとつとして『乳がん検査を受けた時やレントゲンを撮影した際にヒアルロン酸が真っ黒なのう胞が多数あるように見えてしまう』ことです。

大半のヒアルロン酸は挿入する量にもよりますが2ヶ月~1年前後で体内に吸収され元通りになってしまいますが、吸収されずにヒアルロン酸がバストの内部に残ってしまっていた場合やまだヒアルロン酸がある状態で上記のような検査を受けた場合に真っ黒なのう胞が多数あるように見えてしまうのです。

このような真っ黒なのう胞が見えてしまった場合、医師の方が「豊胸手術などの経験はありますか?」と聞いてくれる場合もあります。

しかしそのような場合は極小です。

大半の医師は「異常があります」と伝え、その後に精密検査をするように進めてきます。精密検査を受ける事になってしまえば、その分費用も倍に掛かってしまいます。

このようにヒアルロン酸がきっかけで面倒事に巻き込まれてしまう可能性がある事を覚えておきましょう。

またヒアルロン酸は、体内に吸収されやすいため本当に一時的なバストアップの方法になってしまいます。ヒアルロン酸では永遠に美しいバストは手に入らないという事も覚えておきましょう。

もしこのようなプチ豊胸手術を検討している場合は、まずはサプリメントなどの気軽に行えるバストアップ方法を行いその後に検討してみる事をおすすめ致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事