バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

胃下垂の方のバストアップ方法

元々太る事が難しい体質である「胃下垂」の方でバストアップを目指している方は、かなり多いと言われています。

太れない事から肉がつかないため、ガリガリで色気がないように見られてしまい悩んでいるという方も多くいらっしゃいます。

そのような胃下垂の方は、まずバストアップを行うにつれて胃下垂を改善する事をまずは心がけてみましょう。

バストアップにはある程度の脂肪が必要とされています。そのため少々太り脂肪を貯める必要があります。そのためにも胃下垂を改善し、肉を付ける事ができるカラダを手に入れましょう。

まず胃下垂とは胃腸が正常な位置から垂れ下がり落ちてしまっている状況を指します。最悪の場合骨盤付近まで胃腸が落ちてしまっている方もいらっしゃいます。

このように胃下垂である方は、目に見える症状として「食後に下腹部がぽっこりと膨らむ」特徴があります。

そして胃下垂の方は食事を摂った時に胃腸が下がってしまっているため、通常の胃腸が収縮と弛緩を何度も繰り返し、食べた栄養を混ぜて十二指腸から小腸へと送り出す行為ができなくなってしまうのです。

そして消化率が通常の胃腸と比べ悪くなり、消化不良を起こしてしまいます。その結果消化不良が食べ物の栄養を吸収しないままカラダの外へ出てしまうのです。そのため太る事ができないと言われているのです。

このように胃下垂が酷い場合は、バストアップサプリメントやバストアップに良い栄養を折角カラダの中に取り入れても栄養は吸収されずに外に出てしまう事になります。

また胃下垂は、酷い状態になると人体に影響を及ぼす場合があります。それを避けるためにもバストアップを成功させるためにもまずは毎日【下腹筋を鍛える】事を行いましょう。

通常通りに腹筋を行った場合は、みぞおちやへそなどの上腹筋のみを発達させてしまい胃腸を圧迫して逆効果になってしまうので【下腹筋を鍛える】意識を高めて腹筋を行いましょう。

また骨盤の歪み改善も胃下垂やバストアップには有効な行為となっています。このような事を毎日行いまずは胃下垂を治すように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事