バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法・口コミおすすめサプリ

活性酸素と過酸化脂質はバストアップの天敵

『活性酸素』と『過酸化脂質』という言葉を耳にした事はありますでしょうか。

この二つは、実は非常にバストアップを行うのに悪い影響のあるものなのです。

『活性酸素』とは、生活をする中で空気中より取り入れた酸素がエネルギーを生み出す際に体内で増えてしまう酸素の事を指します。

この活性酸素は、細胞を痛めてしまい皮膚などを老化させてしまいシミやシワなどを生んでしまう事があります。

またこのような活性酸素が多く体に存在している場合、ガンや痴呆、糖尿病などの病を発症させてしまう事もあります。

バストアップを目指している場合でもこのような活性酸素が多く体に存在してしまう事で体の中からバストアップが不可能になってしまう可能性が生まれてしまうのです。

しかしこの活性酸素は、ポリフェノールやビタミン、イソフラボンなどを上手に摂取する事により無害にする事ができるといわれています。

そして『過酸化脂質』とはコレステロールや中性脂肪といった脂質が活性酸素により酸化されてしまったものの事を指します。

これは、かなり厄介です。活性酸素以上に老化のスピードや動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの大きな病を発症させるスピードを高めるリスクや他に放置する事に過酸化脂質をなってしまう可能性を高める事があります。

抗酸化物質をもつ食材も存在しています。トマトやアボカドなどのビタミンを含む食材や活性酸素にも有効とされるイソフラボンなどに含まれています。

このような食材を普段の食生活の中に取り入れる事で『活性酸素』と『過酸化脂質』を予防する事が可能とされています。

またこの二つが存在してしまうとバストアップの際に必要とされる女性ホルモンの分泌力を下げてしまう事があります。

健康を保つためにもそして健康を維持するためにも必ず体に良い生活を送るように心がけましょう。そうするだけでもバストアップには良いです。

健康な体を作る事は綺麗なバストを作るためには必ず必須な行動です。必ず覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事