バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

脂肪注入バストアップの効果やリスク(危険性)

近年、美容整形クリニックなどの広告で目にする事が多くなった『脂肪注入』というバストアップ方法。

この『脂肪注入』ですがバストアップ方法と記載れている事が多いですが立派な豊胸手術の一種なのです。またこの施術方法は、豊胸手術にプラスして脂肪吸引も行う方法なので、費用がかなり高額なのです。

この『脂肪注入』の施術方法の流れを説明致します。

腹部や脚部などの自分の体に蓄積されている脂肪、および皮下脂肪をまず脂肪吸引機で脂肪吸引を行います。

そして吸引された皮下脂肪をバストに移植します。大半のクリニックや病院が自分で脂肪吸引したい場所を選び、その後にその箇所からの吸引を行いバストに移植をします。

元々脂肪量が少ない方や脂肪が少ない部位からの移植を考えた場合、取れる脂肪量が少ない事からバストに移植できる脂肪も限られてしまうので極端なバストアップを考えていない方や適度にバストを大きく、気になる部分を細くしたいと思う方には有効な施術方法とされています。

費用が高額ではありますが近年気になる部分を細くしながらバストアップを行える事から施術を希望し受ける患者さんが増えているそうです。

しかしこの方法も立派な整形方法です。脂肪吸引は、行った場所が凸凹になるリスクがあり、施術後の数日感はダウンタイムとして痛みで起き上がる事ができなくなるともされています。

またむくみ等が酷くなり一時的に体重が増加してしまう例もあります。

また脂肪注入でのバストアップは、痛みがシリコン挿入の方法よりも少なく体質のアレルギー反応が起こりにくい反面、脂肪を吸収してしまい、結果的に元に戻りやすくなってしまう可能性があるともされています。

シリコン注入でのバストアップよりもバストに対してのリスクは少ないですが結果的にはバストが戻る可能性や脂肪吸引での危険性があるため同じといえるでしょう。

もし脂肪注入のようなリスクのある施術方法を検討している際は、リスクや危険性も必ず忘れずに覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事