バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

妊娠後のバストアップ

妊娠によりバストサイズは大きく変わります。

この記事では、妊娠・出産によりどのようにバストが影響を受けるかをご説明します。

妊娠・出産によるバスとの変化

子供を妊娠し、そして出産をする過程の中で女性はバストが平均2カップ程大きくなるといわれています。

逆にすでにかなりバストが大きい場合は妊娠中の通院の中で栄養管理の指導などを細かくされる事もありあまりバストが大きくならないともいわれています。

しかし妊娠をする事によりバストの大きさに変化が現れる事は、成長期と同じ乳腺が発達している事をカラダが表しています。

そのため妊娠後のバストの成長、バストアップはケアを続ける事によっては可能なのです。妊娠3ヶ月目くらいでバストの成長を著しく感じる方も実際にいらっしゃいます。

妊娠後期のバストケア

そしてバストのサイズが急激に大きくなる事は”妊娠後期”といわれます。

この期間は、母乳を作るためにバストが発達するので思春期などの時期に見られるバストの変化とは違いバストの下半分から脇の方にかけて大きく成長しバストが発達するといわれています。

この時期は、子宮も大きく成長します。そしてバストの下部分であるアンダーバストサイズも大きく成長をします。

そのため無理に小さい普段通りのブラジャーを着用してしまうと子宮までも圧迫してしまい内蔵や肺にまで負担がかかってしまい健康に負傷を与えてしまう危険性があります。

妊娠後期はマタニティブラを着用

妊娠後期にこの時に間違えたサイズのブラジャーを着用する事により今後のバストアップが難しくなってしまう危険性もあります。

それを避けるためにもこのような時期には【専用】として販売されているマタニティブラを着用するように心がけましょう。

マタニティブラは、敏感になっているバスト全体を保護するカップやアンダーサイズを調整するホックなどがついているため、上記のような時期にはとても便利なブラジャーとなっていうます。

妊娠そして出産を終えてからのバストアップのために、そして美しく綺麗なバストのためにこのようなブラジャーがあることを覚えておきましょう。

そして快適で健康なマタニティライフを送れるように女性として心がける事も忘れずにいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事