バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

30代~更年期のバストアップ 女性ホルモンとアンチエイジングが重要

バストアップに必要な女性ホルモンの分泌は年齢を重ねる事によって徐々に減っていきます。

30代から更年期にかけては特に減少が進むため、バストアップをするためには女性ホルモンを維持していく必要があります。

加齢とバストの関係

年齢を重ねる事は女性にとってとても恐怖心を生む事かと思います。

見た目はメイクやファッションなどで若々しく作りごまかす事ができても、人間のカラダの中(体内)は、ごまかしが効きません。

一秒一秒が積み重なり、自覚がなくとも老化はどんどん人間として生きている場合は自然と進んでいきます。

女性ホルモンの本格的な分泌の現象が起きてしまうのは、閉経後~閉経をはさんだ前後5年程度に現れる”更年期”と呼ばれる時期。

更年期は、精神的にも肉体的にもホルモンの崩れから起きる不調により大変苦しい時期といわれています。またバストもこの更年期が現れると下へと垂れていってしまうと言われています。

早い場合は30代を過ぎてからボリュームが激減し、その後下へと垂れていってしまうとも言われています。大手下着メーカーの調査結果でも加齢によるバストの変形はすべての人に個人差があるのもの起きてしまう現象だとの報告もあります。

 

加齢を乗り越えるバストアップ方法は?

このような年齢を重ねる事で現れてしまう加齢や老化を抑え、美しいバストを手にいれるためにも「加齢や老化のスピードを遅らせるためのケア」が必要になります。

年齢は誰しもが重ねてしまう事ですが、加齢や老化のスピードはケアによっては、遅らせる事が可能です。そのため40代や50代からのバストアップも努力と方法によっては可能といわれています。

まずは『女性ホルモンの分泌量を増やすための習慣をつける』、『そしてアンチエイジングケアも行う!』この2点を集中的に改善し、生活の中でケアをする事を心がけましょう。

日々習慣付けて続ける事で努力は必ず結果になって現れるます。諦めずに続けるように心がけましょう。

そして食事の内容や栄養を補助する事、基礎体温に気をつける事などの細かい生活面の改善も心がけるようにしましょう。健康的な生活はバストアップや美容にもとても有効的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加