バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

バストアップでは女性ホルモンを減らす行動は避けましょう

バストアップを行う際に必ず必要なものとして”女性ホルモン”があります。

この女性ホルモンというものは、年齢を重ねる事に分泌量が減ってしまいます。

また不健康な生活を送ってしまったりする事でも女性ホルモンが分泌する量が減ってしまうといわれています。

この女性ホルモンの分泌する量が減るとバストアップは難しくなるとも祝えています。女性ホルモンの分泌する量を常に増やしていくためにも下記の行動は、女性ホルモンの分泌する量を減らしてしまうので避けるようにしましょう。

女性ホルモンを減らしてしまう行動とは?

喫煙や 飲酒、ストレスを蓄積させる行為、睡眠不足や浅い眠りを続ける事、偏った食生活や栄養バランスをきちんととらない生活、体を冷やしてしまう事(冷え症や低体温障なども含みます)、運動不足や同じ体制で一日過ごす事。

これらは、女性ホルモンの分泌する量を減らしてしまう行為となります。必ず避けるようにしましょう。また女性ホルモンは、恋愛や性行為などをする事により分泌する量が増える事があります。

ですので恋愛や脳の刺激が少ない事も女性ホルモンの分泌する量を減らしてしまう原因となります。

上記のような行動を行う場合、女性ホルモンの分泌する量は減ってしまいます。これらをなるべく避けて生活を行うようにしましょう。

女性ホルモンを増やす方法は?

女性ホルモンの分泌する量がなるべく増える生活を行えるようにしましょう。

食事から得る事ができる食材などを工夫するだけでも女性ホルモンは、増やす事が可能とされています。

上記のような女性ホルモンの分泌する量を減らしてしまう生活を行ってしまった場合はできるだけそのような方法で女性ホルモンの分泌する量を自分で増やせるように心がけるようにしましょう。

女性ホルモンは、自分の努力で増やす事が可能とされています。バストを大きく豊かに美しくするために、そしてバストアップを必ず成功させるためにも必ず女性ホルモンは積極的に摂取するようにしましょう。

その一手間がバストアップを成功させる近道になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事