バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

豊胸手術を見抜く方法 バレない方法は?

バストアップの努力をしている際にテレビや雑誌などで見かけると気になってしまうのが華奢な体に大きなバストを持っている女性、細身巨乳と呼ばれる類の体型の方々です。

バストに悩みを持つ女性であれば『あのような女性の体型は、自分の努力で作る事は可能なの?』と一度は思った事があるでしょう。

しかしやはりテレビや雑誌で見かける女性の大半は、見られるお仕事をしている女性です。そのような立場の女性であればやはり「豊胸手術」を受けている場合があります。

そこで今回は、豊胸手術を”受けている女性のバスト”と”受けていない女性のバスト”の見分け方をご紹介致します。

バストの大きさは体型ごとに上限がある

この見分け方を覚えておけば、自分自身が今後目標としたい人物を見つけた場合に「こんな体型を作るようにしたらいいのか」と参考にもなり役立ちます。

まずバストの大きさには「体型ごとに上限がある」ことを覚えておきましょう。

女性の体には、バストを大きくする成長遺伝子が存在しています。その遺伝子は、バストを支える筋肉を作る事にも大きく関わりがあるとされています。

バストが大きくなる事によって人間の体は、自然と胸筋や肩周辺の筋肉、そして肩幅が発達します。

これは逆に言えば胸筋や肩周辺の筋肉、そして肩幅を自分の努力で育てる事によりバストを支える事ができる筋肉が増加するためバストを大きくする事が可能になるという事なのです。

豊胸手術の見抜き方

豊胸手術などを受けずに”自然に大きくなったバスト”を持つ女性は「肩幅や胸筋をはじめとする上半身のガタイが少々良い」のです。

しかし、豊胸手術などを受け”化学的にバストを大きくした”場合は【肩幅もなく華奢な状態のまま】バストのみが大きくなっているのです。

極小ではありますが豊胸手術などの施術を一切受けずに細身の体型を維持したままバストのみが成長している女性がいます。しかしそのような女性は、本当に1%くらいの割合でしか存在していないといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事