バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

胸の大きさに遺伝は関係ない! 誰でもバストアップは可能!

母親や家族のバストが小さい事が原因で自分にも遺伝し、バストが小さいなどという事って耳にしますよね。

100%遺伝しないとは言い切れませんが、遺伝とバストの大きさは基本は、絶対に関係がないのです!

バストの大きさを決めるのは、乳腺脂肪体の量がポイントとなっているので遺伝は、殆ど関係がないと言われています。またバストの大きさに関係する乳腺の発達や量も遺伝では決まりません。これは、完全に個人で大きな差があるものです。

もしバストに関する遺伝の要素があるとしたらバストの下部にある胸骨と胸筋の発達くらいと言われています。

しかし、その胸骨と胸筋は、基本的にバストの大きさに関わる割り合いは、無く影響も殆ど無いと言われています。

ちなみにどうして遺伝がバストの大きさと関係があると言われているのか…

その理由は、生活習慣が理由だとされています。

家族で同居している場合、食事や睡眠などの生活スタイルは、やはり似ることが多いですよね。その事が大きな理由のひとつとされています。

食べる食事の内容や睡眠の時間などは、バストアップとは大きく関わりがあるものです。

食事の場合は、献立ひとつでもそこから得る事が出来るバストアップに有効な成分や食材は、かなり変わってきます。

また睡眠時間もホルモンの分泌などが大きく関わることであるため、バストアップには大切な役割となっています。

これらの事を考えると、やはり生活スタイルが似ている家族の場合、体型や体のスタイルが似てしまうのだと言われています。

ですので、もし家族のバストサイズがあまり大きくないという場合でも、自分の生活スタイルを変える事によりバストアップは可能とされています。

遺伝を気にする前にバストアップのための行動を取る事や食事をはじめとする生活スタイルを少し変えてみるだけでも少しずつ体やバストの変化が見られるかと思います。

是非前向きにバストアップを行ってみては、いかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事