バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

豆乳が飲めなくてもバストアップ

美容やバストアップ効果が高い、女性に嬉しい飲み物の代表”豆乳”。

しかし味や風味がとても独特なため、どうしても飲めない方や料理や紅茶などに混ぜてもやはりあの独特な味と風味が苦手で、どうしても豆乳を摂る事ができないという方は、多いかと思います。

そう行った場合は、”大豆イソフラボン”という成分(栄養素)が含まれている豆乳以外の食材を多く摂る事をおすすめします。

まず豆乳が美容やバストアップなどの女性に嬉しい効果があるというのでは、大豆イソフラボンを多く含んでいる食材だからです。

この”大豆イソフラボン”というものは、女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造と働きをしてくれる栄養素です。大豆イソフラボンとは、元々は、大豆の生長すると芽になる胚軸という部分に部分に多く含まれている抗酸化物質の1種です。ですので、大豆や大豆製品など手軽に手に入れる事ができる食材にも多く含まれている事がわかります。

●豆乳以外で大豆イソフラボンを多く含む食材
納豆、豆腐、油揚げ、大豆煮、きな粉、味噌…など。

豆乳が飲めない場合でしたら、上記の様な食材を積極的に摂る様にしてください。

大豆や大豆製品は、自炊を行う事が多ければ手軽に摂る事ができる食材ですが外食中心の偏った食生活が多い方は、不足しがちになります。

もし外食中心の生活でも上手に大豆や大豆製品を取り入れたい場合であれば、大豆や大豆製品を多く含む和食中心の献立を進んで食べるようにしてみてください。

摂取量は、1日40~50mgを目標にする事をおすすめします。食材の目安量としては、豆腐約1/2丁、納豆1パック、煮豆80g。。この程度の量で摂取目標量はクリアできます。

美味しく健康的に食事を食べて、美しく綺麗なバストが手に入れば最高ですよね!

そのためにもこの様な大豆や大豆製品を常に毎日摂る事を心がけて食事を行いましょう。食事を変えるだけでもバストアップのためには、本当に有効な行動とされています。

積極的に行えば、必ず自分が理想とするスタイルを作ることが出来るかと思いますので是非行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事