バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

胸を温めるとバストアップに繋がる 冷やすのはマイナス効果

カラダの冷えや低体温が気になったりしていませんか?

このカラダの冷えや低体温は、バストサイズと大きく関わりを持っています。

最近雑誌などでも「バストが小ぶりな人はバストを冷やしているからバストが小さい!」などと耳にする事が増えたかと思います。

これらの事からもわかるように、やはりバストアップを目指すのであれば”バストを温める”事は、必要になる事がわかります。

では、なぜ冷えが悪いのか?

大きな理由として、血行が悪くなってしまうからという事があります。

血行が悪いと女性ホルモンや細胞に必要な栄養素が十分に行かなかったり、老廃物の流れも悪くなり余計な部分に老廃物が蓄積してしまったり、代謝が落ちてしまったりなど美容やバストアップにとって悪い事ばかりです。

また冷えは、健康面でも生理痛の悪化や婦人病の原因など悪い事が多数あります。

女性の体は男性に比べて、皮下脂肪が多いため、冷えを感じやすく一旦冷えると温まりにくい性質があります。そのため、きちんと事前に体を温める用意や対策を取っておかないといけません。

この対策をとる時、大体の冷えを感じる女性は、手や足や腰などの部分にばかり注目しがちですが、バストアップを目指しているのであれば、必ずバストも温める対策を取りましょう。

冬場や秋などの寒い時期は、小さめのカイロなどをデコルテ部分やブラジャーに仕込む。夏場や春などの暖かい時期でも冷房などの原因の冷えを防ぐために軽いストールの様なものでいつでも胸元を温める事ができる準備をしておく事が大切です。

そしてお風呂上がりや寝る前などをはじめとする、自宅にいる時間(特に冷えやすい時間)は、絶対に温めたタオルをバスト全体に広がるように置き、常に温めておく事もおすすめします。

またこの温めたタオルをデコルテ部分にも当たるように置くと蒸気が顔にあたり、顔の保湿効果も同時に得る事ができます。

以上の様なバスト部分の冷え対策を取るだけでも、日々行っているバストアップのための努力を更に効果的にするポイントとして役立ちます。バストアップを必ず成功させるためにも冷えが気になる方は、是非行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事