バストアップ歴5年のOLが、高校生からできる方法・胸が垂れるケース・効果がある/ないサプリメント評価など、様々な情報などをお伝えします。

menu

バストアップの達人が語る胸を大きくする方法とサプリ口コミ

腕立て伏せでダイエットしながらバストアップ★

バストアップを行う上で食事の管理だけをしっかりしても綺麗なバストは作れないし、保つこともできないです。やはり大切なのは、トレーニングです!

もちろんキツくて毎日続けられないようなトレーニングは、諦めてしまう原因になるのでおすすめしません。おすすめできるトレーニング方法は、誰でも時間があれば楽にできるものです。

そこで今回は、ダイエットをしながらでも簡単に行えるトレーニング方法をご紹介致します♪

ちなみにトレーニングをせずにダイエットをしてしまうと、筋肉も衰えてしまってバストが下がってしまう原因にも繋がります。バストを支えている筋肉である大胸筋をしっかり鍛える事によりバストが垂れるのを防ぐ事ができ、バストアップも可能になります。

●バストアップに効果的な腕立て伏せ

①腕立ての状態を作る

基本の姿勢は、ヒザをついた状態で腕立て伏せの姿勢を作ることがおすすめです。指先は少し内側に向けて「ハ」の字を作るようにする事がポイントです。また普通の腕立て伏せよりも腕の幅を広くとれるようにしましょう。視線は床ではなく前を見るようにする事も大切なポイントです!

②床に近づける時は…

必ず呼吸を止めずに息を吐きながら上体を床に近づけて行いましょう。ヒジは外側に開くようにする事も忘れずにしてください。そして腕を曲げるという意識ではなく胸を開くようなイメージで行ってください!そして上体を下ろすようにしましょう。徐々に馴れてきたら体を床に近づけた状態で3秒ほどストップすると少々辛いですがとても効果的になります。

③上体を上体を起こす時は…

必ず息を吸いながら起こしていきましょう。この際に踏ん張ってしまい、息が止まりがちですがそこは、無理をしてでも息を吸いながらにしてください。これも効果を高めるための重要なポイントです。

以上の事を10回×3セット目安ではじめてください。その後馴れてきたら10回×セット数を増やすという形がおすすめです。そして1日や2日ですぐに結果が出るものではないという事を理解し、毎日続けるようにして行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事